PROFILE

  • _dsc1064_%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

    7zoo7

    戦争、テロ、ウィルス、飢餓、自然破壊・・・・
    こうしている間にも海の向こうではひとつ、またひとつと、命が簡単に消えていく。
    ブラウン管の中のフェイクなストーリー的にしか、日々を実感できなくなっている時代の中で、 それでもなお、無限の未来へとさらなる可能性を求め続け、目にも見えない、形なきSpiritや心の感情のヒダを作品という形で表現し、 枯れた大地に勇気や希望の種を蒔こうとする"アーティスト"と呼ばれる人達がいる。

    そうしたアーティストが創る作品は、人々の人生において"かならずしも必要なモノ"ではないのかもしれない。
    現実、空っぽの胃袋を満たしてはくれない。

    一時、胃袋を満たし、心を満たしたパンや肉や水はやがて体内で消費され、消えてなくなる。故に人々はまた次のパンを求める。
    しかし、人々の持つ心のアンテナに振動する音楽や言葉、人生の背景の配色をより鮮やかにしてくれる映像やストーリーは、 強く人々の心に焼きつき、時代や環境が変わろうとも決して色褪せることなく、それどころか色彩を増していくもの。
    色彩を増した人生で人々は、最後のひとつのパンを誰かに分け与える優しさや、喜びを知る。

    ここに、ひとりのアーティストがいる。

    松岡 充

    彼は、これまでの多岐にわたる活動の中で自らが体感した経験と溢れ出る才能をもとに、能動的創作活動による表現の場を、 2003年5月に立ち上げることを決意しました。
    目の前の高い壁を飛び越え、何よりも“伝えること”を糧とする表現者達の集団、"7zoo7"
    松岡曰く、"7zoo7"とは "7つの海を持つ世界" を"zoo" に例え、その世界を"LUCKY 7" で埋め尽くすという意味を持つ。

    幸運なことに、これまでに松岡充は、ミュージシャン、ボーカリストとしての作品創りを基軸に、役者、フォトグラファー、 小説家、プロデューサー、パーソナリティとして幅広く活動してきた中で、素晴らしい才能を持つクリエーターたちと出逢ってきました。彼らの類い稀なそのハイセンスなクリエイティブワークに感銘し、ともに認めあいながらモノを創り上げ、築き上げたこのブレーンを最大限に生かし、未来の皆さんの日々に流れている音を、映像を、景色を、描いていくことでしょう。"7zoo7"の名の元に・・・・

    俳優、バンド、ミュージシャン、映像ディレクター、WEBクリエーター、デザイナーをはじめとするクリエーターはもちろん、 今後、広がり続けていく"zoo"への参入者を快く迎え入れ、それぞれの得意とする分野を、其処だけで留まることのないように、絡み合い、刺激しあいながら、ジャンルやカテゴリーや、組織を越えて、いずれたくさんの種をつけるであろう大きな大きな花を咲かせようとしています。

    小さな波が重なりあって、大きな波となり、その波動は今 "アナタ" に伝わろうとしています。

    "何かを創り上げては、壊す しかし、その破片の美しさに心を打たれ、また創る" 
    "くり返しながら、いつの間にか振り向くと、そこに道がある"

    あなたも自分の未来を創りませんか? 
    "7zoo7"の中で、私達と共に....

    "7zoo7" is looking forward to joining our world

    from 7zoo7